スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLAT

いつかは乗りたい。

サイドバルブ。

ちょいダートな雰囲気で。

年々飛ばすことにはあまり興味がなくなっていく。

80あたりが気持ちよく。

そんな自分にはこれくらいがちょうどえんやろね。

現在Granny’s さんとこでええのがでとる。

244_1949wl-01.jpg

FLAT HEAD サイドバルブ
スポンサーサイト

XLH

近頃激しく惹かれ中のこの車両。



231_1970xlch-06.jpg



231_1970xlch-01.jpg




...........................

ええなぁ。

CAB COVER

以前Rad Jalopyさんでつけてもろたシェブラースタイルのキャブカバー

DSCF8376a.jpg

色々手を加えてくれてめっさ気にいっとんやけど、少し問題も。

DSCF8374a.jpg

そもそもサイドの穴をオリジナルのパーツを作って塞ぐことを前提に提案して用意してくれたんやけど、

なかなか進めることが出来ず、一か月程度はそのままのっとった。

ただ、走行中急加速したいときに吸気効率が悪いのか二次エアの症状と同じような吹け上がりにくい症状がでる。

まあこの辺りは膝で蓋をしてあげることでかいしょうできるんやけど
(これが案外面白い)

ミスファイアも多かったんで早めに形にせなあかんなと。


早速蓋のデザインに取り掛かったんやけど、

デザインを考える際に、提案主であるRad jalopyさんの屋号にも使われる菊、

風の力を借りることでエネルギーを生み出す風車をイメージに取り入れたかった。



出来たのが

IMG_8845a.jpg

このデザイン。

名付けて菊風車。

(そのまんまやとは言わんとって。)

先日取り付けのためにRad さんのとこまで行って早速取り付け。

DSCF0110a.jpg


サイズ感も丁度よくて、ミスファイアも無く、加速も問題なし。

そのまま

何とも素敵なフロントホイールを見せてもろたり、
(近々お願いしよかな)

DSCF0102a.jpg

とんとも懐かしく楽しそうなバイクがあったり

DSCF0100a.jpg

ロング&Eキャブになった4速壱号機を見たりで

DSCF0101a.jpg

このところの忙しさを束の間忘れ、

DSCF0098a.jpg

ええ笑顔にすっかり癒された充実した時間でした。


CHOPPER

先日FACEBOOKをみとったらどっかで見たことのある車両が掲載してあった。

掲載もとはCHOPPER TOWNっていういろんなチョッパーの画像を投稿しとうサイトみたいなんやけど、

おそらく個人が投稿した画像で気に入った物を転載するような感じかな。

そこで見た車両がなんか見たことあるなと思えば自分のバイク。

どうも高砂のRad Jalopyさんが

以前インスタグラムに投稿したと思われる画像を掲載したみたい。


なんか不思議な気分やったけど、

いろんな人のコメント

Perfect!!

Nice Old school!なんてコメントを見ると何ともうれしいな。

チョッパーなんてどこまで行っても自己満足の世界やとはおもとうけど、

こうして世界のいろんな人が自分のバイクをいいねっていうてくれるのはやっぱりうれしいもんやね。

P1060347.jpg

乗るほどにやりたいことってのは出てくるもんで

今はベントハンドルを硬派なプルバック、

リアのみカルマグに変えたいって希望がどんどんおおきなっとる。

のちのちね。


そうそう。

ちょっとお知らせです。

明日11日は臨時休業をいただきます。



BUTTON

先日バイクで走行中に突然アイドリングが出来んくなった。

何とか回転数を上げられるところを探しつつ、だましだましギャラリーまで何とか到着。

一回でも信号にひっかかったらアウトやったな。

ひとまず調べてみたところ、どうも先日交換したばかりのコイルが早くもあかんようになった模様。

DSCF0035.jpg

これを期にDYNAとかに変えてみようかと思いつつ、

こんなにすぐにあかんようになるなら予備を数個買うべきか・

もしくはこういうコイルを買うから寿命が短いのか・

DYNAでも逝くときはすぐにいくみたいやしなぁ・

で結局予備を含めて二個発注。

翌日届いたんで

DSCF0036.jpg

さくっと交換。

こういう時にハイパーコンデンサーの2個付けは疑わしい因子を省けるのが助かるところ。

(仮に一個あかんようになっても半永久を謳うコンデンサーが二個同時に逝くことはないやろうしね)



それはそうとコイルが届くまでバスで通勤したんやけど、

いくつになってもやっぱり押したい。

勿論小っちゃい子供がおるときなんかはしっかり譲るけど、

出来れば押したい衝動にかられるのは俺だけやろか。

DSCF0020.jpg
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。