スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙

物づくりを始めてから頻繁に手紙を書くようになって、

ほぼ毎日文字を書くことが当たり前になった。

ご存知の方も多いかと思いますが、

字自体は綺麗じゃないというよりむしろ恥ずかしいぐらい汚い方やと思う。

もともと教科書にのっとうような字があんまりすきじゃないこともあって、

我流と言えば聞こえはええけど、

自分らしい文字を書きたいとずーーーっとおもとう。


最初はボールペンでかいとったんやけど、

そのうちに自分の筆圧におうたペンってのがみつかって、

そうなると今度は太さやインクの出方が気になりだした。

しっくりくるって感覚もあんまりなく、

まだましって思えるペンを頻繁に使うようになっても

なんか違うなって文字を書くたびに思いつつも

色々試してはこれってものと出会えずじまいやった。


ある日故祖父母の家を整理しとった時に

引出から万年筆を見つけた。


万年筆


インクが中で固まってもとったんやけど、

分解してぬるま湯につけると中からインクが溶け出して

綺麗なブルーブラックの色が出てきた。

そっから

ペン先の素材や太さ、

手入れなんかをいろいろと調べて、

同メーカ-のインクを購入して万年筆にセット、

早速書いてみた。

いままで触れた事のないような書き味で

筆圧におおじてかすかに文字の太さに強弱がでて、

かつ金属が紙の上を滑るような心地のええ音がする。

なんかようやくみつけたって感じでそれから万年筆で手紙を書くようになった。

昔はちょっとませた気がして憧れはあっても手にすることはなかったものの

ふとしたきっかけで手にしてみれば

なんとも心地よく、昔から愛されとう理由が分かった気がする。


時代を超えて愛されるものにはそれなりの理由があるわけで

そこにはいろんな人の想いや熱が形になって

のこっていくんやろな。



今年はある記念の意味もあって一番好きなメーカーの中字を一本追加した。

気持ちのこもったもんで気持ちを込めて書くってことは

手紙を書く時間をまた少し楽しくしてくれる気がする。



万年筆2










リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。