スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKA

学生のころ、夏休みになると遊ぶ暇なくバイトをしとった。

夏休みが終わるころには真っ黒に焼けて、ヘルメットをかぶっての仕事やったから

顔の上半分は白く、下半分は真っ黒にやけとったな。

一か月分の給料を握り締めて向かう先は決まって地元に数件あったアメリカ洋品店や古着や。

そこで目にするものはどれも憧れで、当然ながらそんなに手に入れることはできひんかったけど、

それでも少しずつ手にしてきたものはいまだに手元に多くのこっとう。

なかでもスーベニア、オルテガ、スカジャンなんかは当時かなりの価格で取引されとったこともあって、

壁にかけてあるのをおろしてもらう瞬間は何とも言えへん緊張感に包まれてドキドキしたもんやった。

今でもそういう思い出の残るものっていうのは単なる服っていうものを超えて、

思い出の方片みたいやったりする。

スカジャン、オルテガ、Wのライダースなんかは特に好きでこれまでに手にしてきた数は計り知れへん。

現在手元に残るものは選別されてだいぶ減ったけど、

宝探しのように夢中で探し回って見つけた、出会えた時の感動はいまだに求めてまう。

先日年代はあたらしいものの、刺繍の良さで手にしたスカジャン。

あと数十年たてばヴィンテージなんて言われたりもするんやろうけど、

自分の中に入るもんにそんな肩書きは関係なく、

単純に好きかどうかってことだけなんやろな。



IMG_2668.jpg



リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。