スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOBE

このところ定休日ごとに所要で神戸へ。


随分と前のことになるけど、

中学生くらいのことやったかな。


いわゆる思春期をむかえて

服装やら髪型やらに自分なりの主張ってもんをもつようになったころ。


地元で唯一というてもええぐらい

The AMERICANって感じの服やに足を運ぶようになった。


さすがにヴィンテージやらシルバーやらに手を出せるわけもなく、

頻繁に通っては知識だけを勉強より優先してやたらめったに

つめこんどった気がする。


高校生になって、

バイトして、

初めてあこがれやったシルバーやら服やらを手に入れたときの

衝撃や感動はいまだに強烈にのこっとう。


そんな学生時代。

地元姫路から神戸に足を伸ばすようになった。


中でも古着やヴィンテージを扱う個性あふれる元町の高架下は

独特の雰囲気で

怖いもの見たさのような

感情を抱えて

かっこええ大人に憧れを持っては

一人でよう足を運んだな。


そんな青春真っ只中、

いまだに続く自分なりの個性を磨くってことを学んだんは

神戸やったんやろうなと

今になって思う。


今週も定休日を利用して神戸に

いってきたんやけど、

相変わらずの空気を漂わせとって、

なーんか居心地のええような落ち着くようなそんな感覚やった。



自分でものづくりを始めて

十数年たったいま、

これまでの道や現状を踏まえて

一回立ち止まって、

自分を見つめなおした時に

底から湧き上がってきた

感情。



自分のものづくりの可能性をみてみたい。




はじめはちょっと気になるぐらいやった

感情が今ではその欲求をとめられそうにない。


自分が学生時代に始めて目にした時の

カルチャーや文化、

初めてあこがれ続けたものを手にした時の感動や衝撃。


そんな原点をもとに

自分がこれまで歩んできた道を表現できるような

そこから新たな自分の可能性を見出すようなそんなものづくりをしたいと。


それには原点にもどっての

再スタートを切ることを決心した。


自分が始めて手にした時の感動を与えられるようなものをつくりたいと

心から思う。



近々そのための発表をしたいと思います。



sakura.jpg



ようやくさいたなー。


桜をみると出発って気になる。




スポンサーサイト
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。