スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAB COVER

以前Rad Jalopyさんでつけてもろたシェブラースタイルのキャブカバー

DSCF8376a.jpg

色々手を加えてくれてめっさ気にいっとんやけど、少し問題も。

DSCF8374a.jpg

そもそもサイドの穴をオリジナルのパーツを作って塞ぐことを前提に提案して用意してくれたんやけど、

なかなか進めることが出来ず、一か月程度はそのままのっとった。

ただ、走行中急加速したいときに吸気効率が悪いのか二次エアの症状と同じような吹け上がりにくい症状がでる。

まあこの辺りは膝で蓋をしてあげることでかいしょうできるんやけど
(これが案外面白い)

ミスファイアも多かったんで早めに形にせなあかんなと。


早速蓋のデザインに取り掛かったんやけど、

デザインを考える際に、提案主であるRad jalopyさんの屋号にも使われる菊、

風の力を借りることでエネルギーを生み出す風車をイメージに取り入れたかった。



出来たのが

IMG_8845a.jpg

このデザイン。

名付けて菊風車。

(そのまんまやとは言わんとって。)

先日取り付けのためにRad さんのとこまで行って早速取り付け。

DSCF0110a.jpg


サイズ感も丁度よくて、ミスファイアも無く、加速も問題なし。

そのまま

何とも素敵なフロントホイールを見せてもろたり、
(近々お願いしよかな)

DSCF0102a.jpg

とんとも懐かしく楽しそうなバイクがあったり

DSCF0100a.jpg

ロング&Eキャブになった4速壱号機を見たりで

DSCF0101a.jpg

このところの忙しさを束の間忘れ、

DSCF0098a.jpg

ええ笑顔にすっかり癒された充実した時間でした。


スポンサーサイト
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。