スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEX

新作TシャツをOFFICIAL HPに更新しました。

今回は手書きのような表現で緩い印象で製作してます。

お時間がありましたらご覧いただけると幸いです。

IMG_59112.jpg





IMG_59084.jpg





HEX GR (2)





HEX GR (1)



お時間がありましたらご覧いただけると幸いです。




TREASURE

昨日の夕方。

待ちに待った方が到着。


一通り操作の説明を受けて

そこからしばらく談笑させてもろた。

熱のある方で

なんでもそうやけど、

その道に真摯に向き合う人は恰好ええ。

次回は大阪に伺いますので

例の物も拝見させてくださいね。

愛情をもって、おもいっきり楽しませていただきます。





もともと昔から大好きで集めとったんやけど、

時間を見計らっては早朝にちまちまと自分でするようにもなった。

やってみると改めて昔の機会の良さを知ることになって、

数年前から欲しいと思とったミシン。

こういうものってタイミングというか、

欲しいからと言って手に入るものでもない。

まして今回の物は新しいとはいえ80年代の物だけに

しっかりとオーバーホールがされてないと、

結局あとあと大変な目に合う。

ギャラリーには今三台のミシンがあるんやけど、一台一台に役割があって、

中でも奇跡的に出会えた大型のミシンは一年に一台出るかでえへんかぐらい見つけにくいミシン。

偶然とはいえ、これを逃したら次の機会はこおへんような気もしたぐらい。

今回のミシンは用途がちょっとことなるんやけど、

表現したいことへの幅がでっかく広がるように思う。


こういう古い機会を手にする時にようかんがえるんやけど、

使い方一つで後世まで繋げるものになるか

数年でただの金属の塊になるかは使い手の扱い次第。

100年前のミシンが現代でも生き続けとう様をみると

自分が次につなげるバトンをもろた気がしてしょうがない。

そういう意味では手にしたとはいえ、

自分がおる間だけ力をかしてもらうことなんかもしれへんな。

自分の手足のように扱うには練習を重ねて、時間もかかるやろうけど、

暫くはおもちゃのような感覚で遊び切りたい。



misinn.jpg

N3-B

去年の12月に比べると比較的寒さもましになったとはいえ朝晩はまだまだ冷え込む。

冬場バイクに乗るときはほぼN3-B。



N3-B3.jpg


よくよく考えてみれば

着始めてから約17年。

もともとリアルなものだけにサイズ感がワイルドで

数年前に一度解体。

身幅や袖幅を再縫製して修正した。


生地が厚地のキャンバスやからさすがに雰囲気はどんどん良くなるものの、

やはり細部の破れが気になりだした。


ポケットあたり


細かいのはまだええとしても

袖口やポケット下がさけとんのは早めに修正しとかなダメージが大きくなる。



時間を見つけて補修しようとは思いつつなかなかできひんかったんやけど、

先日ようやく完成した。

時間が経過したものでかつUSメイドになると

あまりきれいに補修し過ぎるとそこだけ雰囲気が変わってもて

どうもしっくりこうへん。

こういう時はサイズをはかったり定規を使わずにイメージで作るに限る。

脇下補修


脇下の裂けは目分量で生地を切り取って少し縫い代に余裕を持たせて粗めに縫製。


両ポケット下補修


両ポケット下の裂けは三角補強をするんやけど、

これもあくまで目分量で生地の端も気にせずに縫製。

右ポケットは裂けが大きく、△補強からはみ出した分、糸で生地を寄せつつ補強のステッチを幾重にも施した。


袖口補修


ここまではアイボリーのセルヴィッジ生地で補修したんやけど、

袖口の擦れによる破れは目分量で生地を切り取ってインディゴブルーの8号キャンバス地を当てて粗めに縫製。




N3-B1.jpg


大き目の破れは全部補修を終えて、仕上がりを全体で確認しても満足の出来。


実はローテーションで着た方が生地にとってはええこともあって、

もう一着育てようかと

先日同メーカーの同モデルを見に行った。



old ファー1





old ファー2


首周りのファーにコヨーテの毛が使われとんやけど、

17年たった今でもしなやかで肌触りが心地ええ。



当時購入したときに比べると

現行は価格が半値くらいになっとったんやけど、

ファーや形状、縫製や生地にしても変更点が多く、

少し粗く感じて見送ることにした。





現行ファー


確かにスタイルのサイクルが早く、量を重要視することは現代的と言えばそうなんかもしれんけど、

自分にとってはそういうことよりもハードにつこても

耐えうる下地があって育てるってことを楽しみに出来るものでないと意味がない。

神は細部に宿るって言葉があるように

細かな努力の積み重ねが結果的に何かを与えられる物になるんやろなと感じる。

自分の物づくりに置き換えてみても

一つ一つの作業を大事に、丁寧に行うことの大切さを

ほかの物からも知ることが出来る。






もう少ししたらまたリペアの必要も出てくるやろうけど、

日常ににおいて気兼ねなくつこて、

あたりが出た分リペアして、

ここからまた10年、20年後を楽しみに出来る

そんなものに出会える機会は減ったように思うけど、

年月がたってからこそほんまのものの力ってのは

感じることができるように思う。












FATE.CO 1% T

本日より

FATE.CO 1% Tシャツの予約受付を開始。


FATE.CO1% WH×RD

front
FATECO WH3





back
FATECO WH2




FATECO WH1





FATE.CO 1% BK×WH

front
FATECO BK3





back
FATECO BK2





FATECO BK 1


サイズはブラック ホワイトともにS,M,L,XL


S M L XL
着丈 65 68 71 75
身巾 48 50 53 58
袖丈 20 20 21 22



価格は税込み¥5400となります。

初回の生産は各10枚。
(受付終了後はギャラリーのみでの展開となります。)

8月中旬より順次発送致しますので

ご希望の際はお手数ですが、Mailにてご連絡いただきますようお願いいたします。






2014 FAS WH T

2014 FAS ホワイトTシャツ完成しました。

SML展開

しっかりとした生地に
洗濯するほどに古着のように馴染むインクを使用し
数年後が楽しみな一枚に仕上がりました。

2014 T


リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。